時代の変化で変わるサービス|納骨堂が人気の理由

新しいタイプの埋葬設備

墓地

都市部では特に便利

日本における一般的な埋葬形式といえば、従来は公営または私営の霊園で一定の区画を占有し、そこに墓碑を建てるというのがスタンダードとなっていました。これに対し、近年では新しいタイプの施設が人気を集めています。それが納骨堂です。納骨堂とはその名のとおり遺骨を納める建造物であり、かつてはお墓に埋葬されるまでの一時的な安置所としての性格を持っていました。しかし最近では、恒久的な埋葬施設として利用されるようになっています。納骨堂が人気を呼んでいる背景には、わが国の土地事情があります。過密が著しい都市部では、新たに墓所を求めることは非常に困難となっています。そのため、ちょうど人々の暮らしが集合住宅中心になるように、埋葬施設も郊外の不便な地に無理して求めるよりは、都市近郊の集約的な施設が好まれる傾向にあるのです。

ロッカー式など多種多様

納骨堂にはさまざまなタイプがあります。しばしば見受けられるのはフロア一面にロッカー状の安置設備が設けられており、そこに遺骨を納めるというものです。その他、仏壇タイプのものや室内に墓石が並べられているタイプもあります。ユニークなところでは、礼拝所で機械を操作すると閉架式の安置所から自動的に遺骨が目の前に運ばれてくるといったハイテク仕様のものもあります。利用方法も施設ごとにまちまちですが、利用開始時に数十万円程度の利用料を納付し、あとは管理料を毎年支払うという形式が一般的です。注意すべきなのは、管理責任者すなわち子孫や友人知己が絶えてしまった場合です。これは施設ごとに取扱いが異なり、一定期間後に合祀施設に移すこともあれば、そのまま無縁となってしまうこともあります。利用時には事前に確認しておく必要があります。

費用を安くするには

葬儀

葬儀を安く済ませるためには、直葬か派遣僧侶を利用するようにしましょう。前者は宗教的な儀式を省くために安くなり、後者は定額サービスのおかげで、高額のお布施を払う必要がなくなります。どちらを利用するにしても、菩提寺があるのなら、トラブルを避けるために、連絡を取っておきましょう。

もっと見る

自由度が高い

お葬式

従来の葬式のしきたりに縛られない無宗教葬が増えてきています。スタイルの自由度がかなり高いと言うのが最大のメリットです。しかし、まだまだ反対する人も多いです。エンディングノートを活用し、個人の意思として記述しておけば受け入れてもらえることでしょう。

もっと見る

多様化するお葬式

合掌

家族葬を選択する家庭が増えたことにより、葬儀社も競い合うように力を入れています。価格は各社ごとそれぞれに異なりますが、内容と追加費用の確認や比較をしておくと安心です。家族葬は価格面でお手頃といえますが、バタバタせずに近親者だけで支えあって故人を送り出せます。必要のバランスも良好といえます。

もっと見る