時代の変化で変わるサービス|納骨堂が人気の理由

費用を安くするには

葬儀

葬儀を行う前には、どの程度の規模にするのかをまず考える必要があります。これはそこから費用を計算するためです。このとき、経済的に厳しいのであれば、直葬をその選択肢に入れましょう。直葬とは、宗教儀式を一切省いた葬儀となります。これは火葬料金込みで、30万円ほどで済みます。このスタイルは、菩提寺がなかったり宗教観念が希薄な人にも向いています。参列者の数がそもそも少ない場合も同様です。これは人間関係が希薄化した現代では珍しいことではないのです。なお、菩提寺があるが遠方なため、それを利用するのは難しいという場合は、直葬で済ませる旨を、事前に通告し、許可をもらうようにしましょう。そうしておかないと、後で納骨を断られる可能性があるからです。

葬儀をきちんとした形で行いたいが、高額のお布施を支払うことが難しいという人は、派遣僧侶を使うようにしましょう。派遣僧侶は電話やインターネットを通じて予約できるもので、日程の調整が容易で、料金も定額サービスが使用できるというメリットがあります。また、このサービスには様々な宗派の僧侶が在籍しており、故人の宗派に合わせることが可能になっています。これは菩提寺がない人でも気軽に利用できるようになっています。ただし、このサービスは同じ僧侶を続けて派遣してくれるものではないため、特定の住職でなければ駄目だと感じている人には向きません。また、こちらも菩提寺があるのなら、葬儀を行う前に連絡を取っておきましょう。