時代の変化で変わるサービス|納骨堂が人気の理由

自由度が高い

お葬式

反対する人も多い

日本の葬式と言えば、特定の宗教に則って営むと言うのが普通とされてきました。葬式は故人の冥福を祈る宗教的なものと考えている人が多かったです。しかし、最近は変わってきました。しきたりに縛られたくないと言う人が増加し、無宗教葬が台頭してきています。しかし、まだまだ無宗教葬に反対する人は多いです。とくに、高齢者はすんなりと受け入れてくれないことが多いです。もし、どうしても無宗教葬がしたいのならば、少し工夫をしましょう。エンディングノートをつくることです。エンディングノートに無宗教葬を希望すると言う旨を記載しておきましょう。そうすれば、遺族も故人の遺志だからと言えます。故人の遺志なら聞き入れてくれる人が多いでしょう。

自由度が高い

無宗教葬は別名自由葬とも言われており、スタイルの自由度はかなり高いです。葬式の最中、会場に音楽を流しても構いません。バンドが生演奏する演出も人気です。会場の一角に故人の思い出の品を展示するのも無宗教葬ではよく見られます。また、お別れ会形式の葬式にすれば、斎場を選ばなくてもいいでしょう。ホテルやレストランで行うことも可能です。上手にプランニングすれば、納得の出来る式になるでしょう。これは無宗教葬の最大のメリットと言えます。また、無宗教葬にすれば、予算がオーバーしてしまうと言うことも防げます。従来の葬儀は予算オーバーすることが少なくありません。そう言うところも無宗教葬のいいところと言えるでしょう。